海外挙式にいいプランナーが必要

>

海外挙式に欠かせない!素敵なウェディングプランナー

海外挙式の定番は何か

まずは、海外挙式の定番の場所を見ていきましょう。

やはり暖かい場所が今も昔も人気のようで、南の方面で挙式を挙げる方が圧倒的に多いですね。
具体的な地名を挙げていくと、ハワイやグアム、そしてサイパンが出てきます。
その理由としては、暖かいというのももちろんですが、景色がきれいという声も上がって来ます。
確かに海辺のきれいな景色のところで結婚式を挙げている写真をよく見ますよね。

それ以外の場所だと、スイスやヨーロッパなど日本からかなり離れている国で挙げる人もいますね。
この辺に行く大抵の人は、ハネムーンも兼ねてとの理由がありますね。

それとは逆に近いという理由で、台湾や韓国といったアジア諸国も人気が高いですね。

いくらかかるか

続いては、気になるお金のことを調べていきましょう。

まず基本的なものとして、会場の使用量や式関係者への謝礼、現地で必要になる結婚証明書や介添料、そして音楽の使用料などがかかってきます。
それ以外のオプション類も結構かかります。
衣装代やブーケ代、ヘアメイクや事前のエステ、そして引き出物や結婚式で披露する写真や映像の編集代もついてきます。

雑費もそれなりにかかります。
二次会のパーティーにかかる費用(会場代や食事代など)、渡航にかかる費用や宿泊費といった各種費用や現地での飲食代、そしてお土産代だってあります。

これらの総額の平均は、だいたい二百万前後になります。
ですが、そのときの状況によっては安くなったり高くなったりもしていきます。


この記事をシェアする